企業情報

ご挨拶

company_01

常にお客様のニーズを重視するとともに情報の先取りに取り組んでいます。
また、加工技術の共同開発、自社で設計製作した大型プレス用半自動段取台車の駆使、自社製XY軸同時加工の多軸タッパーの採用等、加工技術の研鑽を行い、生産効率の向上を図っています。
150tクラスを中心に300~500tの大型のプレスも対応可能です。
単発なのでロット数もご相談ください。
「良い製品を安く」をモットーに、お客様にご満足いただける製品を提供することが、企業の信頼につながることと信じ、日々努力を重ねております。

 

ISO9001、ISO140001  取得済み

 

会社概要

創業年月日 1944年6月1日
資本金 6,500万円
所在地

本 社  〒135-0004 東京都江東区森下4丁目1番2号
TEL 03-5638-2271  FAX 03-5638-2276
E-mail unitec@technowave.ne.jp

 

福島工場 〒964-0314 福島県二本松市西勝田字柏木田213
TEL 0243-55-3011  FAX 0243-55-3014
E-mail unitec-ff@technowave.ne.jp

代表者 代表取締役社長 長倉 康雄
事業内容 事務機器機構部品、自動車関連部品、家電部品の製造及びプレス板金、溶接、組立加工。
金型、治工具の設計~製作
主要株主 重美産業株式会社  株式会社マスダ興産
取引金融機関 日本政策金融公庫 大森支店     みずほ銀行 大森支店
商工組合中央金庫 大森支店     きらぼし銀行 東日本橋支店
東京東信用金庫 森下駅前支店

 

沿革

1944年 6月 代表取締役 高橋重雄が東京都大田区羽田1-11-28に於いて資本金195,000円を以って「羽田通信機器株式会社」を設立。
プレス加工主体の板金加工業を開始
1945年 8月 法人登記手続き完了
1952年 10月 社名を「羽田プレス機器株式会社」に変更
1963年 3月 東京都知事より”中小企業優良工場”として受賞
1963年 11月 中小企業庁より”中小企業優良工場”として受賞
1969年 8月 設備拡張及び、近代化の為、東京都大田区平和島1-5-18にプレス及び、溶接関係の新工場を建設
1970年 3月 社名を「株式会社ハネダ」に変更
1972年 11月 産業公害解消の為、羽田工場を昭和島工場に全面移転完了
1981年 6月 生産拡大の為、福島県二本松市に福島工場を建設、操業開始
1990年 3月 業務効率の向上及び技術力と生産性UPを図る為、株式会社増田製作所のグループ企業となる
1990年 7月 社名を「株式会社ハネダユニテック」とする
1990~91年 大型プレス工場を増設し、300t~500tライン設備を導入
1994~95年 160tプログレッシブプレス、110t(4台)中型プレスライン設備導入
1997~98年 400tプログレッシブプレス、150t4連R/Yロボット
80t4連THLロボット設備導入
2000年 6月 ISO14001認証取得(福島工場)
審査登録機関・・(財)日本品質保証機構
2005年 5月 電解イオン水洗浄装置(電解仕様、有効幅180mm×900mm)導入
2005年 12月 業務拡張・輸送効率向上の為、三重県鈴鹿市に三重工場を建設、操業開始
2006年 7月 CO2溶接ロボット(35KVA 6軸ロボット)導入
ISO 9001認証取得(福島工場)
審査登録機関・・(財)日本品質保証機構
2010年 4月 本社を東京都江東区森下4-1-2へ移転
2011年 11月 グループ事業再編により三重工場を分離し新会社へ経営統合